【伊丹市】多様性を認め合う社会へ。本日5月15日から「伊丹市同性パートナーシップ宣誓制度」が開始されました!

多様性 イメージ

写真はイメージです。

伊丹市では本日2020年5月15日から「伊丹市同性パートナーシップ宣誓制度」が開始となります。

伊丹市では「多様性を認め合う共生社会」を基本方針の一つを掲げ、人権尊重のまちづくりの実現を目指しているそうです。
そしてその取り組みの一つとして「伊丹市同性パートナーシップ宣誓制度」が実施されます。
「伊丹市同性パートナーシップ」は一方または双方が性的マイノリティであるお2人がお互いを人生のパートナーであると宣誓したことに対して、市が2人の宣誓を公的に証明するものです。
宣誓が受領されると「宣誓書受領証カード」が交付され、パートナーや家族としての関係が求められる様々な場面で、その受領証カードを提示すると夫婦と同様の関係性を理解されやすくなります。

対象者の要件や手続きの流れに関しての詳細は伊丹市役所HPをご覧ください。

支え合う イメージ

写真はイメージです。

これらを通して、性別を問わず誰もが住みやすいまちとなり、性の多様性に関する社会的理解が広がっていくといいですね。

伊丹市役所はこのあたり

(それいゆさん3)

2020/05/15 13:30 2020/05/15 17:34
それいゆさん
ジモネタ伊丹
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら